柑きつ長期講習会の視察研修(山口)が実施されました。

TOP > 柑きつ長期講習会の視察研修(山口)が実施されました。

 本日、柑きつ長期講習会の視察研修が開かれました。

山口市にある 山口県農林総合技術センターさんにご協力いただき、市内大内長野の 

果樹試験地ほ場、市内宮野の 鳥獣被害相談センターを案内していただきました。

 

 果樹試験地ほ場では、主に梨、栗、葡萄の試験栽培や研究をおこなっていて、

作業効率や収量の向上を課題に、色々な取り組みをなされていました。

 

 

続いての鳥獣被害相談センターでは、猪や猿に加え、最近増えてきた鹿に対する

獣害対策の取り組みとして、いろんな種類の防護柵を見せていただきました。

 鳥獣の特徴・特性に留意し、

電柵の高さや設置箇所、ワイヤーメッシュの目の細かさや上部に電柵をはわせるなど、

工夫が必要だと教わりました。

今回は落葉果樹の勉強が主でしたが、来週は柑きつに関する視察研修となります。