平成27年度柑きつ長期講習会(第4回)が開講されました

TOP > 平成27年度柑きつ長期講習会(第4回)が開講されました

梅雨明けし、朝から強い日差しが照りつける中、第4回目の柑きつ長期講習会が開かれました。

 

今回は講義として「果樹園の土壌管理」、実習として「仕上げ摘果」を行いました。

 

まず、萩農林事務所から講師をお招きして、

   ・土壌管理とは

   ・土壌管理の重要性

   ・土壌管理の実際

という内容で、主要果樹の土壌感応性や、柑橘の養分欠乏及び過剰症状など、

細かい部分の講義となりました。

講義後の質問では、施肥の時期や、紋羽病などの土壌病害について質問があり、

果樹における土壌の役割について皆さん理解を深められていました。

 

続いて仕上げ摘果の実習に移り、当夏みかんセンターの潅水施設の紹介の後

仕上げ摘果の見本樹を品種ごとに見ていただき、

実際の仕上げ摘果をしていただきました。

はじめは、自分の担当樹が見つからず、右往左往されていましたが・・・、

そのうち見事な手さばきで仕上げの摘果をされていました!

今夏は雨が少なく、手潅水などの作業が必要になるかもしれませんが、

このような年もあろうかと思います。

あまり無理をせず、そこそこ元気に、この夏を乗り切りましょう!

受講生の皆さん、本日もお疲れ様でした!