平成27年度柑きつ長期講習会(第3回)が開講されました

TOP > 平成27年度柑きつ長期講習会(第3回)が開講されました

 あいにくの空模様となった7月初日、第3回目の柑きつ長期講習会が開かれました。

今日は35名の方が参加され、萩農林事務所農業部より講師をお招きしての今回の内容は、

 まず座学として、 

 ・今年半年間の、気象の推移

 ・生育概況                                                

 ・摘果について 

 ・土壌の乾燥防止対策

 ・除草管理

 ・病害虫防除のおさらい 

 ・台風、熱中症対策  

の講義があり、 

講義終了後、ちょうど雨もやんだところで外に出て、

接木した苗の管理について説明がありました。

受講生からは、ポット苗など、ごく少量の農薬の希釈方法、葉面散布の効果に対する質問があり、

接木苗の管理について、理解を深められていました。

そのあとは圃場に移り、実際に摘果(粗摘果)の作業を行いました。

 

 はじめは・・・

 

「どの実をどのくらい落としたらええんかいね・・・?」と、悩んでいた(遠慮していただけ?)皆さんも・・・

時間がたつと、傷の付いた実・樹の内側にある実を、説明どうり摘果されていました!

これから仕上げ摘果、樹上選果と暑い中の作業は続きます。カミキリ虫や黒点病の防除も、

あと何回かはやらなくてはなりません!

作業に熱中しすぎて、くれぐれもご自身がまいってしまわないように気をつけてください。

受講生の皆さん、本日もお疲れ様でした!