平成26年度柑きつ長期講習会(第5回)が開催されました。

TOP > 平成26年度柑きつ長期講習会(第5回)が開催されました。

平成26年度の柑きつ長期講習会の第5回講習が実施され、本日は30名の受講生の方が出席されました。

第5回目の講習は

・「果樹栽培の現状と課題につて」

の講義が山口県農林総合技術センター技術指導室の担当者により開始されました。

 

 はじめに、気象(降水量・日照時間・気温)、生育状況等についての話があり、今夏は雨が多く日照時間も平年と比べると少ないため果樹の病気なども発生しやすく、また糖度が低めの傾向になるのではとのことでした。

そして、山口県果樹農業の概要では

柑きつだけではなく、落葉果樹などについて県内での産地や栽培面積、生産量や果樹それぞれの特徴などの説明がありました。

品目ごとに違いはありましたが、栽培面積、生産量は担い手の減少、高齢化にともない減少傾向だということでした。

このような果樹栽培での課題が少しでも改善されるように県内でも様々な取り組みがされているようです。

講義の後は質疑応答が発せられていました。