柑きつの農業法人が設立されました。

TOP > 柑きつの農業法人が設立されました。

 

柑きつの農業法人「株式会社萩耐久社」が、2月14日に登記設立されました。設立発起人は、萩夏みかんセンターで2年間の担い手研修を受けた第1期生の2名。
代表取締役に水津貴弘さん、取締役に平川宜伸さんが就任されました。

法人名の由来は、萩の夏みかん栽培の父である小幡高政が明治9年に帰萩、耐久社を設立、夏みかんの産業化に成功し萩を代表する名産品に育てたことから、再び萩の夏みかん産地の復興を目指す法人として社名を決められたとのことです。
 
法人の主な事業は、
(1) 柑きつの生産販売
(2) 担い手育成のための研修事業
(3) 農作業の受託業務
(4) 萩夏みかんセンターの管理
などで、法人事務所は萩夏みかんセンター内に置かれ、そこを拠点として活動されます。
 
代表取締役の就かれた水津さんは、「存続が危ぶまれる萩の夏みかんを、自分達の世代で生産基盤を固め、萩の夏みかんを全国にアピールしていきたい。」と抱負を述べられました。
 
※連絡先
当面、萩夏みかんセンター(0838-22-2474)で、株式会社萩耐久社の担当者を呼び出してください。