夏みかんワークショップ

TOP > 再生・宣伝活動の紹介 > 夏みかんワークショップ

夏みかんワークショップは、萩市のシンボル的な果実「夏みかん」を生産者のみならずいろいろな立場の方の思いやアイディアにより、「萩夏みかん」としてブランド化し産地の再生を目指すもので、萩・夏みかん再生地域協議会の主催で、萩・夏みかん再生プロジェクトとして平成21年度に7回開催されています。

参加者には、柑きつ生産者、ボランティア団体、NPOなど、立場も年代も異なるメンバーが集まり、コーディネーターの植野さんの指導のもと、3グループ(第1グループ第2グループ第3グループ)にわかれグループワークが実施され、参加者が一体となり、萩・夏みかんを再認識&再発見、そして再生イベントの企画・開催(萩夏みかんセンターまつり)が実現されています。

(平成21年度実施)

 

回数 開催日 テーマ 関連資料
第1回 平成21年8月10日 萩・夏みかんを知る! 夏みかん通信 Vol.1
第2回 平成21年9月15日 萩・夏みかんの将来を考えよう! 夏みかん通信 Vol.2
第3回 平成22年1月19日 実践活動への展開を考える  
第4回 平成22年1月28日 夏みかんセンター開所式まつり(仮題)  
第5回 平成22年2月 9日 萩夏みかんセンターまつり  
第6回 平成22年2月26日
第7回 平成22年3月11日

萩夏みかんセンターまつりで販売された夏みかんピールの作成風景

夏みかんピールの作り方はこちら

大井かんきつグループの皆さんと植野さんが美味しく作りました。