萩と夏みかんの歴史

TOP > 夏みかんについて > 萩と夏みかんの歴史

夏みかんの原樹は、江戸中期に萩市隣の長門市仙崎大日比(青海島のオオヒビ)で発見され、1927年(昭和2年)に国の天然記念物に指定されています。この樹の沿革ははっきりとしていませんが、南方産の柑橘果実(文旦系)が黒潮にのり、この付近の海岸に漂着し、その果実を拾い種子をまいて生えたのではなかろうかといわれています。

 

萩の城下には、文化年間(1804~18)初頭に入ってからもたらされ、ゆずの代用として利用されていましたが、幕末近くにたまたま夏に収穫したところ、美味であったため、その後は「ダイダイ」から「ナツダイダイ」と呼ばれ、夏に食べられるようになったといわれています。
萩は長年長州藩の政治経済の中心地として栄えた城下町ですが、文久3年(1863年)に藩主が萩から山口に移ったため、藩経済に依存していた萩の町民は侍の流出に大打撃を受けることとなりました。更に明治政府樹立後の士族の給禄奉還が、萩に残された武士の苦境に追い討ちをかけ、その不満で明治9年の萩の乱勃発の要因となっています。
丁度この時、新政府の要職を歴任した小幡高政が萩に帰郷し、困窮した士族を救済するため、廃屋同然となった広大な侍屋敷の土地に夏橙を植栽しようと、明治9年に種を蒔き、翌年に苗木を接木し、明治11年に苗木を士族達に配布。明治22年には、夏みかんの果実と苗木の収益が当時の萩町の財政を追い越すまでになり、その後萩の町全体に夏みかん畑が広がりました。

大正15年5月、当時の皇太子、後の昭和天皇が萩にお見えになった時、「この町には香水がまいてあるのか」といわれたほど、夏みかんの栽培が最盛期で、まさに萩を代表する夏みかんの香りのおもてなしでした。この夏みかんの香りが、平成13年に全国の「かおり風景100選」に選定されています。

 

(注)NPO 萩まちじゅう博物館(平成19年度 まち博推進班活動資料) 「萩三角州内の夏みかん樹と巨樹・古木めぐり」より一部引用