夏みかんブログ

国の柑きつ試験場に行ってきました

2019-07-03 16:33:31投稿

 静岡県の静岡市興津に国立研究開発法人 農業・商品産業技術総合研究機構

カンキツ研究拠点という柑きつの新しい品種を作る研究をしている所があります。

ここで私たちが良く目にする柑きつの品種「清見」「はるみ」「せとか」などが誕生しています。

われわれが訪問した目的は、ここで研究・育種している新しい柑きつの品種のうち

萩市でも栽培が可能なものはないか意見を聞かせてもらうためです。

静岡市から東海道線を15分の興津駅のすぐ側です。

大きなプラタナス並木がお出迎えです。

前列右側の方がカンキツ育種ユニットのリーダー野中圭介です。

丁寧なご説明をいただき、新しい品種を開発するためには相当の年月と費用が必要なことが

良く分かりました。萩市に向いた具体的な品種の提案はありませんでしたが、今後、情報提供

いただくようお願いしました。

新しい品種を開発するためには、成長を促し早く実を収穫しなければならないので

生垣のように栽培しているようです。

場内にぽつんと「清見」の誕生を記念した看板がありました。

清見が誕生したことにより、母親として画期的な新しい品種が誕生しました。

「デコポン」「せとみ」「はるみ」など新しい品種は親戚です。

看板にタンゴールとありますが、オレンジの遺伝子を持っているものをそのように呼んでいます。

ちなみに夏みかんや八朔はオレンジの遺伝子を持っていないのでタンジェロと呼ばれます。

清見の原木を写真に撮りましたが、大きすぎてよく分かりません。

お粗末さまでした。


令和初めての萩・夏みかんまつり

2019-07-03 15:15:38投稿

 もう7月の梅雨の時期を迎えておりますが、萩市では6月末に入梅になりました。

雨が降ったら撮りためた写真を整理して、ブログを更新しようと思っていましたが

なかなか雨が降らずに更新できませんでした。(言い訳か?)

という訳で5月11・12日に開催された「萩・夏みかんまつり」をご紹介します。

まつりの目玉企画「夏みかん生絞り体験」を今年もやりました。

山口県農林水産事務所さん、萩市農政課さんご協力感謝します。

こどもたちの力いっぱいの笑顔が感動的です。

これは参加した者しか分かりません。

お昼時間になっても行列が途絶えません。

こどもたちの笑顔のためならスタッフは食事抜きでがんばります。