夏みかんブログ

春の便り発見。

2013-03-15 22:30:00投稿

 

この時期になると、「春の便り」という言葉が耳に入ってくる。
皆さんは、「春の便り」で何を連想しますか?
やはり一番は、福岡で開花宣言が発せられた桜の開花ですかね。
他には、ウグイスの初鳴き、など色々ありますが、
センターの園内で発見した「春の便り」は、土筆(つくし)です。
 
 
しかし、今朝は春どころか冬に逆戻り、辺り一面は霜で真っ白。
気温も氷点下となり、春が遠のいた感じとなった。
 
 
 
 
センターには見本園があり、色々な品種の柑橘を栽培していましたが、
現在では旧品種となってきたことで、新品種への改植を実施中。
 
日中は穏やかな春の陽気となり、研修生3名が新品種の苗木を
仮植ポットから園地への移植作業を実施。
 
 
3人寄れば文殊の知恵ではないが、植える方向や枝の切り返しなど、
悩みながら格闘中のようです。
場数を踏むことで、きっと身に付くことでしょう。