夏みかんブログ

肥料散布に新兵器登場!!

2013-03-11 23:50:00投稿

 

昨日は、早朝に気温が20℃を超え、午前中は初夏を感じる温かさ、
しかし、午後からは気温も右肩下がり、今日に至っては最高気温も10℃、
気温差はなんと10℃、そのせいか体がだるい。
 
 
今日の青空のもと、センターでは肥料を散布。
散布する肥料は、緩効性肥料(有機入りLP複合N600 100日タイプ)。
 
 
散布は、袋数で約100袋、散布量は2000kg。
先ず、園地ごとに散布量に応じて、肥料袋を配布。
それから、人の手で樹周りに散布。
これが結構大変、散布終了後には腰にきます(自分だけ?)。
 
通常は、肩掛けの肥料散布桶を使用し、手で散布。
 
 
そこで、昨年末に導入した肥料散布の新兵器を使用。
その名前は、グリーンサンパーV型。
背負い形式で、ノズルを左右に振って肥料を散布。
 
 
肥料散布も午後3時には終了。
果たして新兵器の使い勝手は?
 
一度に1袋分(20Kg)の肥料を入れることができるので、
肥料の補給回数を減らすことができる。
注意点としては、背負う時に気を付けないと、腰を痛める。
ノズルなので、手が届かない箇所にピンポイントで確実な散布が可能。
ただし、幼木は手散布の方が効果的のようだ。