夏みかんブログ

「ゆめほっぺ」として期待。

2013-02-20 23:45:00投稿

 

連日どんよりした空が続く萩。本日、久しぶりに太陽が顔を出した。
反面、花粉の飛散が多くなった感じ。
 
 
昨日から今日にかけ、「せとみ」を収穫。
収穫は、果実に袋が掛けられているので、その袋ごと収穫。
 
 
この「せとみ」は、山口県のオリジナル品種。
山口県農林総合技術センターで、「清見」と「吉浦ポンカン」を掛け合わせ、
20年余りの年月をかけ育成され、糖度が高くとても甘い柑橘だ。
また、厳選された果実は「ゆめほっぺ」の商品名で販売される。
 
 
収穫後は、厳しい出荷基準に即して選果を実施。
 
 
この段階で1級品として選果された果実、まだ「ゆめほっぺ」として名乗れない。
最後の難関。光センサーが待ち受けている。
光センサーで厳しく糖度、酸度をチェックされ、商品基準をクリアーした果実だけが、
晴れて「ゆめほっぺ」として名乗れるのだ。
 
 
本日の選果時点で1級品はゼロ。はたして1級品はあるのだろうか?
そして「ゆめほっぺ」として名乗れる果実は、・・・・・?