夏みかんブログ

小さい秋見つけた?

2012-09-28 23:45:00投稿

 

現在、二つの台風が発生中。
その内17号は大型だ。今後の動きが気にかかる。
今日の萩地方は、雲がまばらにある台風前の秋空となった。
 
 
 
 
今日は、タイトル通りにセンター内の小さい秋の風景を紹介します。
 
先ずは彼岸花だ。この彼岸花は不思議な植物。
 
 
何故不思議かというと、地上部は茎と花だけで葉、枝や節が無い。
葉は花が枯れてから発生してくる。
また、有毒性の植物で、鱗茎にアルカロイドが多く含まれているので、
誤食した場合、ひどい時には中枢神経の麻痺をお越し死に至ることもあるので要注意だ。
 
 
次に、もみじの紅葉が始まった?
まだ9月末なのに紅葉とは、すごく珍しい。
例年だと10月下旬位だ。周囲の山々を見ても、紅葉らしき景色は無い。
確かにここ最近、昼と夜の気温差があり、もみじも勘違いしたのかも?
それとも、枯れる前兆かも?
 
 
 
さて、センターの果実は順調に生育しているが、雨が少ないこともあり、
品種により異なるが、サイズは昨年に比べると若干小さめの感じだ。
 
▼せとみ(7センチ)
 
▼伊予柑(8.8センチ)
 
▼文旦(11.8センチ)
 
▼甘夏(9.2センチ)
 
  ▼夏みかん(9.1センチ)
   
 
▼温州みかん(6.5センチ)
 
▼はるみ(7.7センチ)