夏みかんブログ

封じ込め作戦。

2012-09-18 23:50:00投稿

 

大型の台風16号が過ぎ去った萩は、台風一過といえる青空ではなかったが、
雨が降ることはなく、ときどき晴れ間がのぞく天気となった。
 
今回の台風は、雨より風が強く吹いた。
夏みかんセンターでは特に台風被害は無かったが、強風により果実に傷がついた可能性も考えられる。
傷は、かいよう菌が伝染する感染口となるため、台風で一番の懸念は、かいよう病の蔓延だ。
 
 
センターでは、昨年に比べかいよう病の発生が多い状況。
そこで、かいよう病の封じ込め作戦を実施。
 
封じ込め作戦とは、コサイドボルドー散布による防除。
ただ、コサイドボルドーでは果実などに薬害の危険性がある為、クレフノンを加用し薬害を防止する。
 
 
初秋とはいえまだ暑い中、カッパを着て研修生がスピードスプレーヤ(SS)で散布。
 
 
これで、かいよう病が完全に防げるわけではない。
次の作戦実施が必要。
その作戦実施時には、またブログで報告します。