夏みかんブログ

ウナギ?と灌水

2012-07-31 23:25:00投稿

 

23日の梅雨明けから1週間、萩地方は砂漠化した。
本当に雨が降っていない。梅雨明け後の降水量は僅か0.5ミリ程度。
 
柑きつの木々も喉がカラカラ状態。
特に幼木に至っては、結構弱っている。
幼木への灌水が重要だけど、貯水槽への給水が電気系統の不具合でできない状態。
本日、ミスターY氏に応急処置をお願いし、貯水槽への給水が可能となった。
 
ふと貯水槽を覗けば、何やら長いロープなような物体が、くねくねと水面を動いている。
川から給水しているので、たまに小魚な取水口から吸い上げられ、貯水槽内で泳いでいる。
 
 
ひょっとしてウ・ナ・ギ?
そんな馬鹿な・・・、水面を泳いでいたのは、ウナギではなく蛇。
蛇も暑くて、水を求め貯水槽に泳ぎに来たようだ。
水面が低くて貯水槽から出られない状態になっていたようだ。
 
これで、灌水作業が本格的に実施可能。
早速、昼食でうな重?をよく食べている研修生が、幼木への灌水を開始。
 
 
現在、台風9号と10号が発生している、恵みの雨となってほしい。