夏みかんブログ

接ぎ木の練習、そして実施。

2012-04-23 23:50:00投稿

 

 
週末の春の嵐、萩地方でも強風が吹き荒れ、交通機関などにも影響が出た。
センター内では、果実(甘夏)の落下が若干発生。
 
今日は、週末とはうって変わり、気持ち良い晴天となった(暑いぐらい)。
その良き天候のもと、接ぎ木の練習を実施。
何故、練習?かというと、明日、今年度の柑きつ長期講習が開催、その講習内容が接ぎ木。
てなことで、研修生と萩耐久社の関係者が、講習時にサポートをする為、練習となった次第。
 
接ぎ木はちょうど今頃が最適な時期、その為、1年振りの実施。
やはり、穂木の削りから、指導員よりダメだしが連発。
研修生にいたっては、芽が逆方向で穂木を削ったり、最後には指まで削ってしまう次第。
こりゃ前途多難?明日の講習サポート大丈夫?
 
 
 
なんとか、穂木の削りが完了。
今回は、夏みかんの穂木を作成、甘夏の木に対し腹接ぎを実施。
 
 
 
最後には、日焼け防止剤を台木の表皮に塗布し、カラス等の悪戯を防止する為、テグスを張って終了。
 
 
さて、旨く活着するかな?