夏みかんブログ

やっと春の香りが・・・

2012-02-20 23:50:55投稿

 

 
先週の日曜以来、今日の萩は久しぶりの晴天。
昨日まで雪が降っていたのが、「ホントニ~」て感じだ。
日中の最高気温は、10℃まで上がらなかったが、日差しが心地よく感じた。
 
 
昨日は二十四節気の一つで雨水。温かさに雪が雨にかわり、氷がとけ始める頃とされている。
そう、春に近づいてきたのだ。
センター内で春の始まりといえば、入り口付近にある3種の梅だ。
今日、その梅を見ると、やっとぽつぽつと花びらが開いていた。
一昨年は9日、昨年な15日、と梅の開花を確認、今年は20日と徐々に開花が遅れている。
これは何故?

これで、センターにもやっと三色(白、桃、紅)の春の香りが漂てくる。
 
栽培作業も剪定がいよいよ始まる。
今年は裏年でもあることから、剪定の開始時期を遅らせ、間引き中心で実施する。
 
 
さて話は変わり、センターの研修生で第一期のお二人が柑きつの農業法人(萩耐久社)を設立された。
設立登記日が、なんと2月14日。
そう、世の中の男性(日本だけ)が、頂くチョコレートの数で大興奮?する日。バレンタインデーだ!!
バレンタインデーに登記するなんて、なかなかオシャレだ。
つけ加えると、当日は「大安」だった。
 
今日、法人の代表である水津さんが、若干緊張気味で新聞記者さんのインタビューを受けられていた。 

水津代表は、「萩の夏みかんを全国にアピールしていきたい」と夏みかんに思いを持たれている。
 
お二人には、萩の柑橘栽培経営のお手本となるよう、是非とも頑張ってもらいたい。