夏みかんブログ

もう年末、そして冬支度。

2011-12-22 23:55:00投稿

 

今年も残り1週間ちょっと。本当に一年が過ぎることの早いこと。
師走になり柑きつは順次収穫が予定され、これからは年をまたぎ繁忙期となる。
と、先ず言い訳を述べて・・・。
この1ヶ月間ブログをサボっちゃいました。
すみません(^^;)。
 
 
今日は冬至。この日にゆず湯に入り、冬至がゆ(小豆がゆ)やカボチャを食べると風邪をひかないと言われている。
みなさんは食べられましたか?
自分はゆずの香りの入浴剤を入れて風呂に入っただけ。
明日からの三連休は、この冬一番の寒気の影響で天気が荒れそうだ。特にクリスマスイブの24日は、風雪が強い予報、降雪量や最低気温による寒風害が気掛かりだ。
 
今秋はカメムシが多く発生し、あの素晴らしい臭いで多くの人が悩まされた事だろう。そして、木々に産みつけられたカマキリの卵の位置だ。今年は高い位置に卵が産みつけられている模様。
これらは雪が多いとされる諸説。これらの諸説がどの程度の真実性があるかはよく分からないが、それなりに雪の多さとの結びつく説があるようだ。
ちなみに、数日前に見つけたカマキリの卵です、幼木の高い位置に産み付けられていました。

夏みかん風景保存事業も、定植した幼木に寒風害対策としてスカーティングを実施。
寒風害対策としては、寒冷紗で被覆する方が対策効果は高いと思われるが、直ぐに利用できる資材であったことから、スカーティングを選択。

このスカーティングも完璧な対策ではない。
柑きつを含め農産物に寒風害の発生が出ないことを願うのみ。
 
 
このブログが今年最後となります。
夏みかん風景保存事業で、多くの方々にお会いできお世話になり、ありがとう御座いました。
来年も夏みかん風景保存事業頑張りますので、宜しくお願いします。
 
来たる2012年が、皆様にとって良い一年でありますように(^o^)。