夏みかんブログ

長門ゆずきちを使った料理教室を開催

2010-09-08 15:47:44投稿

 萩市は昔からおいしいお魚がたくさん獲れますが、これをおいしく食べる伝統も
受け継がれています。その一つがお刺身や焼き魚などにかけると一層素材のお
いしさを引き立てる柚子や酢ダイダイなどの香酸柑きつです。萩市は香酸柑きつの
宝庫で、川上の柚子、酢ダイダイ、長門ゆずきちなど他の地域に無い萩市原産の
品種が愛用されてきました。この内、長門ゆずきちは田万川原産で、山口県の
オリジナル柑きつとして萩市・長門市・下関市で栽培され、上品な味わいとほのか
な香りが人気です。
 しかし、残念なことに萩市内では萩原産でありながら田万川地域以外では知名
度が今一歩という状況です。萩市が香酸柑きつの宝庫のため目立たないこともあ
りますが、紛らわしいことに萩市には「ゆずきち」という良く似た品種が以前から流
通しております。好みの問題ですが、ゆずきちは長門ゆずきちほど個性が強くあり
ませんので、こちらがどんなに長門ゆずきちの宣伝をしても、ああ!あのゆずきちか!
と聞いてもらえません。
 そこで、実際に食べてもらい長門ゆずきちの良さをしっていただくために料理教室を
開催しました。                                    所長

長門ゆずきちの良さを引き出す山口県萩農林事務所の泉先生。あ!胸には「やまみちゃん

使った長門ゆずきちは萩夏みかんセンターで生産したものです。種がたくさん見えますが
市販の長門ゆずきちにはあまり種がありません。

最初に皆でポン酢づくり

3班に分かれてそれぞれのメニューに挑戦

出来上がりです。皆で美味しくいただきました。レシピは新着情報に掲載します。