夏みかんブログ

大橋マキさんからメール

2010-08-20 11:29:22投稿

 萩青年会議所主催の「香り咲く城下町萩プロジェクト」が8月7日に開催され、このブログで内容を紹介しています。プロジェクト終了後、萩シーサイドで主催者の青年会議所の役員の皆さんと講師の大橋マキさん、赤壁山口大学准教授、萩大志館の井関代表等が集まり、夏みかんの香りを活用した町おこしをどうやって進めていくか意見交換をしました。残念ながら青年会議所の活動としては1年限りだそうですが、参加者からはもったいないので何とか継続したいと前向きの意見が多数出て盛り上がりました。その後、8月18日に大橋マキさんから萩シーサイドに集まった全員に元気の出るメールが届きましたので紹介します。

大橋マキさん(#^.^#) だれだ!隣のニヤケタおじさんは・・・


 先日は萩夏みかんプロジェクトの要になるお立場の皆様のお話が伺え、本当に有意義な場となりました。お時間をいただきまして、ありがとうございました。
 皆さんにとって身近な夏みかんのアロマは本当に可能性に溢れていると感じます。精油がもつ効能は美容、健康、医療でも役立てられますし、萩のノスタルジックな景観美を伝えるのに夏みかんの香りはぴったりかと思います。廃棄されてしまう夏みかんのリユースという時代性にもマッチしています。
 2月開催の環境省主催の一村一品コンテスト参加なども視野に入れていきませんか!
 まず、精油をコンスタントに手に入れる仕組みづくりからですが、秋にはイベント盛りだくさんとのこと。地元でもどうかよろしくお願いいたします。私にも微力ながらお役に立てそうなことがありましたら、いつでもお声かけてください。
 新たなスタートになりますが、皆様、どうぞよろしくお願いいたします。        大橋マキ

 今日も集まったメンバーからがんばろうメールが届いています。            所長