夏みかんブログ

センター園も害虫が沢山

2010-07-08 23:52:24投稿

梅雨の中休み、摘果作業も最盛期、今日も木とにらめっこだ!!

この時期、色々な虫たちが柑きつの木に飛来して来る。
柑きつにとって有害な虫は困りもんだ(>_<)。
 
今日は、アゲハチョウの幼虫と数回遭遇。
この幼虫は、新葉や若い葉を先端部から外縁ぞいに食害し、主脈を残して葉全体を食いつくしてしまう。
特に、終齢幼虫の食害量は大きく、幼木などでは葉を食い尽くされてしまうこともあるそうだ。
一般に春葉での被害は少ないが、幼木や高接ぎ樹では、6月下旬から9月まで新葉が連続して発生するため大きな被害を受けることがあるらしい。
柑きつを加害するアゲハチョウの幼虫には、ナミアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハなどがいるが、一般的にはナミアゲハの幼虫が主体のようです。

発見しだい捕殺に努めているが、触れるなどで怒らしてしまうと、臭角を突き出し臭いにおいを出します。